お知らせ&ニュース

ご予約状況はコチラから!
携帯もOKです!


◇WELLS B.E.の施術写真集◇
まつげエクステンション画像はコチラ⇒
まつげカール画像はコチラ⇒★★

プチリニューアルオープン↓

まつげエクステプロショップ
Luv Lash はこちらから




facebookページはこちら


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


まとめ

■ 2011年度スクール生募集中 ■

本物の技術を本気で身につけたい、
技術は習ったが、施術に不安が残る、
お客様に自信を持ってご説明ができない、
自分の使っている商材の安全な使用方法は?
セカンドスクールを探している、

WELLS B.E.では業界トップクラスの知識と技術をもって
超マニアックに、全力で、指導いたします。
各種出張セミナーも受付中です。 詳しくはお気軽にお問合せください。

0798-66-3900
スクールサイトはコチラ⇒
受講生の声はコチラ⇒part1★★ part2★★
メールでのお問合せ⇒★★★

11月9日アイリスト決起集会@議員会館に集合!
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
まつ毛パーマ、まつ毛エクステンションについて
雑誌やニュースでいろいろ取りざたされていますが、
私なりの見解をここに掲載していきたいと思います。

まず、トラブルのニュースがいろいろクローズアップされていますが、
正しい施術をしている技術者の方もたくさんいるということを
声を大にして言いたい!!です!
褒めるニュースはほとんどありませんものねぇ(苦笑)?

まつ毛エクステ・まつ毛パーマは美容師だけがしてよいのか?

これの法的根拠は美容師法になるのですが、
日本政府が美容業界に対して法律を作ったのは美容師法しかなく、
何かあるとこれを引き合いに出す、というのが
矛盾を生み出す原因なのではないでしょうか?

ではまつ毛エクステンションとは何なのか?
これはいわゆる 付けまつ毛 の進化したものと言い切っていいでしょう。
では、付けまつ毛 は特殊な人間にのみ許されたものでしょうか?

答えはNO です。

従来の付けまつ毛は一般の方も自由に楽しめますし、
メイクアップアーティストも使います。
結婚式場のヘアメイクさんも使うでしょう。
では彼らは美容師の免許を持っているのでしょうか。

答えはNO です。

必ずしも持っているというわけではないようです。
ヘアメイクさんと美容師さんの違いは
刃物や薬品を使うかどうか、です。
ヘアメイクさんとはその昔日本髪を結っていた「髪結いさん」の現代版と
考えるとわかりやすいでしょうね。

まつ毛エクステンションと付けまつ毛の大きな違いはグルーの違いです。
化粧品認可成分のみのグルー(弱い)か、瞬間接着剤系グルーか。
どちらの場合も目に入ったら危険なのはもちろんですが、
まつ毛エクステンションは1ミリ以下の仕事なので危険度が増すわけです。

正しい知識を有して安全に施術すれば問題はないのですが、
美容師さんでも正しい技術を持っているとは言いがたいのが現況です。
美容師学校ではまつ毛エクステンションは学ばないのですから。

それなら法的整備をすればいいじゃないか、とお思いになるでしょう。

これには難しいさまざまな問題が生じてきます。

美容師法では 「首から上の美容について」 となっています。
ということは、ですよ。
首から上の美容関係は全て美容師法が根拠法となってくるのか?という問題に発展します。

ヘアメイクさん、メイクアップアーティストさん、
フェイシャルエステティシャン、果ては化粧品の美容部員さんまで。
こうなってくるともう大変です。
いろんな業界がひっくり返ってしまうのです。

考えるに、法的整備をしようと思ったら、
大手の会社が法的不備を追求した裁判を起こし、
数例の判決が出て、それを元に条例などが制定され・・・という
とんでもなく気の長い話になるんではないか、と思ってます。

だって本当に法的には不備だらけ。
つつきどころ満載なんですもの。
法律を作る政治家が美容に詳しいわけがなく、
そんなことよりも優先事項がたくさんある!!と叱られてしまいそうなくらいです。


今後、私達にできることは。。。何かしら?と日々考えます。
今度のイベントでそれについて話合いたいと思っているのですが、


ひとーーーーつ!!スクール協定をつくる!!
スクールをされているアイリストの方たちで協定を作り、
最低限教えるべきことについて足並みを揃える。
協定している方のリストをOPENにし、クレームがあがったところは店実名を公開しちゃう!なんてやりすぎかしら(笑)。
誰が作ったかわからない協会に入るのではなく、自分達で決めて自分達で戒めていくってのはどうかしら。


もうひとーーーーつ!!
街頭でキャンペーンをやる!
アイリストたちが集まって、無料で道行く人たちに安全な施術を公開しちゃう!
もちろん一人10本20本とかですが。
みんなで安全な施術を街頭でやっちゃう~~~(笑)。

こんなのどうかしら??
ええ、まったく利益度外視。
でもほんとにこういうのしなくちゃいけない日が来ちゃいそうな気がしてます・・・
スポンサーサイト

コメント

■ 

グレーゾーンの仕事って何かと難しいですよね
睫毛もエステも、最終的には上手で、全てにおいて安心感がある…これに尽きると思います

お互い頑張っていきましょう!!

■ 

いつも楽しみに拝見させていただいてます。
「国がダメなら自分たちの手で!」
とっても良い案だと思います☆

エクステの仕事を続けたいが為に
今秋から通信の美容学校へ通う人も増えてきている現状を
マスコミなんかが良い見方になってクローズアップしてくれれば良いのですが・・・

■ 

なんやかんや言う前に 美容師免許取ったほうがはやそう
美容師免許もたない人の言い訳にしかならないような気がします

■ YUさんへ

ありがとうございます。
お客様の利益を最優先に考えて動いていきたいですね。
頑張って行きましょう!

■ junさんへ

通信の美容学校、私も考えました。
ただ、美容師はまつ毛エクステをやってもよい、とは
はっきり断言されてるわけではないんですよねぇ・・・
今後、別の資格ができたとしたらば、
そちらを取り直さなくてはならないですし。
美容師の国家資格取得については
あと1年はよく考えて様子を伺ってみようかと思ってます。

■ anさんへ

そうですね、そう思われる方も多いかもしれません。
ただ、厚労省からの全国の都道府県への通達では名言を避けており、
それぞれの見解に任せるっぽい文面なんですよね・・・
都道府県によって見解と対応が違ってくる可能性もあるんです。
まつ毛エクステは美容師しかやってはいけない、
とはっきり明記していればみな何も言わずに資格取得に動けるんですが。。。
(そうなると国家試験の内容も変わる??)
まつ毛エクステをするためにカットやヘアダイ、パーマを習うってのもお門違いな気もしますw。

■ 

通達の名言を避けてるようでも逮捕者が出てるのが現状ですよ。

認可されているいかなる化粧品にもアレルギーはあります。
まして認可されていないエクステンショングルーでアレルギーがあった場合無免許は命取りです。
グルーによるアレルギーは いつ何時やってくるかわかりません。
アレルギーの出かたの度合い 膿が出ててもあわてず技術者のアドバイスを聞いてくれる方もいれば多少の赤み腫れでも大慌てになるお客様もいらっしゃいます。
アレルギーを治療してくれるのは 技術者ではありません。
お医者様の力が必要です。

あまり美容師免許を馬鹿にしたような書き方は 避けたほうがいいと思いますよ。
「国家資格ですよ!」
美容師免許を持たないものがいくら「エクステンションを認めて!」と言っても無駄です。
美容師組合から動いてくれないことには・・免許を持たない人の訴えを免許を持った人がすんなり受け入れるわけないでしょ?

美容師組合と言うものがどれだけ大きな力のある組合なのか。
日本中のまつげエクステンション技術者が束になっても無理でしょう。

化粧品カウンターの美容部員=化粧品を売るためのメイクなので美容師免許はいりません。
メイクUPアーチスト=映画やドラマのメイクであれば撮影のためのメイクなので免許はいりません。
お客様がパーティーなどに行くためサロンでメイクをしてもらいお金を払うなどの場合は免許がいります。

■ 

通達の名言を避けているのはナゼなのか?
そこが私たちを一介の技術者が不安になるところなのです。
グルーによるアレルギーのために美容師の国家資格が必要なのでしょうか?
たとえ、国家資格があろうとなかろうと
トラブルが出た場合はお医者様に頼るしかありませんよね?
国家資格があればまつ毛エクステンションでトラブルをしても許される免罪符となるのでしょうか?

美容師の資格があっても技術の未熟な方はいらっしゃると思いますし、
美容学校や美容師の国家試験でシアノアクリレート系接着剤について学ばないと思うのです。
またホルムアルデヒドとシアノアクリレート系接着剤の関係やアレルギー発症の原理についても学べますでしょうか?

それに私は美容師の国家資格を馬鹿にしているわけではありませんよ。
美容師の友人もいるし、それはそれで確立された資格です。

ただ、国や都道府県が「睫毛エクステ技術者美容師の国家資格を取得するべきである」と名言していただければ、私もすぐに資格を取得するために勉強をスタートします。
国がなぜ明言を避けるのでしょうか?

美容=ヘアメイク ではなくなってきしまった、
多様化された現代社会の中で、エステやネイルも含め、
そのバリエーションの多さに美容師法では対応できなくなっているのではないかなぁと思ってしまうのです。

それにまつ毛エクステンション技術者が束になって美容師組合に
立ち向かっていく・・・なんて図式はおかしいですよ。
同じ美容に携わるものとして協力していきたいじゃないですか。
そんなことしてもお客様のためになると思いませんし・・・。

世の中のまつ毛エクステンション技術者の一番の葛藤は
「まつ毛美容をしたいのに、どうしてヘアカットやヘアダイを学ばなくてはいけないの?」ってところでしょう。

私は決して美容師さんを馬鹿にしているわけではなく、
美容師法というものについての一技術者の考えを
ここに書いているに過ぎませんので、
どうぞ気を悪くしないでくださいね。

昨日はアイリスト交流会に参加してきました。
仕事の都合上、少しだけでしたけど、
みなさんとても真剣な方ばかりで、
この問題についても真剣に考えていらっしゃいました。
こういう小さな活動のひとつひとつが素敵だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://beautyeye.blog119.fc2.com/tb.php/212-c06f8205

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。