お知らせ&ニュース

ご予約状況はコチラから!
携帯もOKです!


◇WELLS B.E.の施術写真集◇
まつげエクステンション画像はコチラ⇒
まつげカール画像はコチラ⇒★★

プチリニューアルオープン↓

まつげエクステプロショップ
Luv Lash はこちらから




facebookページはこちら


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


まとめ

■ 2011年度スクール生募集中 ■

本物の技術を本気で身につけたい、
技術は習ったが、施術に不安が残る、
お客様に自信を持ってご説明ができない、
自分の使っている商材の安全な使用方法は?
セカンドスクールを探している、

WELLS B.E.では業界トップクラスの知識と技術をもって
超マニアックに、全力で、指導いたします。
各種出張セミナーも受付中です。 詳しくはお気軽にお問合せください。

0798-66-3900
スクールサイトはコチラ⇒
受講生の声はコチラ⇒part1★★ part2★★
メールでのお問合せ⇒★★★

11月9日アイリスト決起集会@議員会館に集合!
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
スクールのレベルの違いについてイベントでも話がでていました。

スクール選びはおみくじみたいなもの!
あたりかはずれかは受けてみないとわからない!



これほんとなんです・・・ぅぅ

大手か個人か、特色の違いについては前に書きましたが、
今日は個人スクールのこのへんをチェックしてみたら?ってのを
抜粋してみました。


1、講習時間をチェックしよう

まつ毛エクステもまつ毛パーマも、初心者へのレッスンをする場合、
まつ毛の構造などから入る必要があります。
またさらに危険性や道具についての説明など、
実技以外の知識部分を教えようとすると
どう頑張っても講義と実技で最低5時間はかかると思います。
3時間や半日などの短いスクールの場合は
取扱説明書のような手順のみのスクールと思ってまず間違いないでしょう。
まつ毛エクステとまつ毛パーマを同時に一日で、というのも恐ろしいことです。
そんな少ない時間で安全な施術をマスターすることはまずできません。

2、宣伝しすぎは注意しよう

大手スクールの場合は広報部があるのですが、
個人サロンスクールの場合は宣伝部はありません。
宣伝しすぎ=ヒマ ってことじゃないかしら。
インターネットあちこちに書き込みまわったり、
チラシを配りにいったり、そんな時間があるんだなぁ、、、という感じです。
良い技術者の良いサロンは顧客管理やカルテ整理、商材の在庫管理など
やることがたくさんあるはずです。
スタッフを抱えているサロンなら、分担して宣伝活動もできますが、
個人オーナーサロンスクールの場合は要注意です。

3、スクールしかしていない

普段施術を受けていない先生も微妙です。
レッスン中にデモが無い可能性があります。
施術の上手な人に教えてもらいたくありません??
普段施術してない方は技術が退行していく可能性があります。
この場合、まさに取扱説明書のような手順のみの講習になる場合が多数です。
トークばかりで実演がまったくないのです。
後日問い合わせをしても的確な回答してくれないのは
こういう先生が多いようです。
あ、もちろん宣伝文句では「どしどしご質問くださいね!」なんてことを書いてあるにもかかわらず、ですよ(苦笑)。

4、先生がどこで習ったか教えてくれない

恥ずかしいところで習ったんでしょうか?
秘密にする意味がわかりません。
悪いスクールの名前がいいにくいのはわかりますけれどね・・・。
なので疑ってしまいますね。

5、商材が異常に高い

習った先生からしか商材が購入できないようになっていて、
見たところ一般的なグルーを約450%の価格で買わされていた・・・方も・・・汗
講習後に何かを質問したら「それは別料金です」と言われたとか。
大手スクールなどで生徒にしか販売しないところはあります。
それは販売する相手の技術を管理したいからであって、暴利をむさぼるためではないと思います。

6、モデルが必要ない

やはり人間で練習しましょう・・・。
相モデルの場合は別ですが、モデルさん不要の講習は後々困りますよ。
相モデルの場合、時間が倍になるはずなので、講習時間をチェックしましょう。
交代で実習するのに、講習時間が同じな場合、内容が薄い可能性が考えられます。
自分で自分につけるのもおかしいです。セルフとお客様では勝手がまったく違います。
仕事として人に施術するために学ぶのであれば、人に施術する方法を教えてもらいましょう。

7、事前にお客さまとして施術を受けてみる

これってとても大切だと思います。
個人オーナーのスクールの場合、施術してもらった方に教えてもらうわけですから、
ぜひお客様として体験されてみてはいかがでしょう。
また、この場合2店舗以上回ることをお勧めします。
回った中で、自分が一番気に入ったところに申し込めば、リスクも少なくなりますよ。

などなど、うちに習いなおしに来られる生徒さんたちの話を
だいたいまとめて問題点を整理し、
スクール選びになるようなポイントを抜き出してみました。

もちろんコレにあてはまらない方もいらっしゃると思いますが、
統計するとこのような点に注意して選べば
ハズレを引く確立は下がるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://beautyeye.blog119.fc2.com/tb.php/221-1d90a058

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。