お知らせ&ニュース

ご予約状況はコチラから!
携帯もOKです!


◇WELLS B.E.の施術写真集◇
まつげエクステンション画像はコチラ⇒
まつげカール画像はコチラ⇒★★

プチリニューアルオープン↓

まつげエクステプロショップ
Luv Lash はこちらから




facebookページはこちら


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


まとめ

■ 2011年度スクール生募集中 ■

本物の技術を本気で身につけたい、
技術は習ったが、施術に不安が残る、
お客様に自信を持ってご説明ができない、
自分の使っている商材の安全な使用方法は?
セカンドスクールを探している、

WELLS B.E.では業界トップクラスの知識と技術をもって
超マニアックに、全力で、指導いたします。
各種出張セミナーも受付中です。 詳しくはお気軽にお問合せください。

0798-66-3900
スクールサイトはコチラ⇒
受講生の声はコチラ⇒part1★★ part2★★
メールでのお問合せ⇒★★★

11月9日アイリスト決起集会@議員会館に集合!
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
まつ毛エクステにはいろんな手法があります。
まだどれが一番正しい、というのが無いんですね。
誰がそれを決めるのか、それすらわかりません。
それらの中で私が目指しているものに賛同してくださる方が
お客様となり、生徒さまとしてご来店いただいているので、
私が目指しているものについてご案内させていただきますね。

まつ毛エクステの手法には本当に多種多様な装着方法があります。
それはグルーの性質にもよるので、
施術者が気に入ったグルーそれぞれの性質に合わせた技法を使うことになります。

持ちをよくするためにたっぷりとグルーを塗ることもあるでしょう。
安全性を重視して持ちが悪くなることもあるでしょう。
滲みない安全性の高いグルーは持ちが悪いのがデメリットです。
商材屋さんもいろいろ研究してくださっているのですが、
強力=刺激が強い  安全性が高い=持ちが悪い の法則はまだまだ継続中です。

私が目指しているのはそのちょうど中間地点です。
私の場合、グルーそれぞれの性質の応じてグルーは必要最低限にしています。
直径0.1mmだと接着部分はまったくわかりません。
0.12mmだとアイリストの方がアップで見ればわかる程度です。
グルーを必要最低限にする理由としては安全性を考えての事です。
たっぷりグルーをつけるとマスカラ効果がありインパクトが出て
持ちもよくなり、はっきりばっちりした目になることができますが、
デメリットは瞼が重くなったり、トラブル発生の可能性が高まるということです。
安全だといわれているグルーを使ったとしても、絶対に安全とは言い切れません。
でも少なすぎると必要以上に持ちが悪くなるので見極めが大切ですよね。
これがまた難しいんですよね~。

しかしながらあまり持ちが良すぎるのも問題です。
皮膚に接着していないか、
生えてきたばかりの繊毛に影響を与えていないか、
いろんな悪い可能性も考えられます。
毛周期に合わせて一緒に落ちていったり、
まつ毛同士の干渉によって劣化した接着部分が優しく取れていく方が
まつ毛の健康上は良いと考えています。

なので、まつ毛が細く弱っている方には
0.1mmの細いエクステで長さも1.2倍程度のものしか装着しません。
美容液でケアしていただき、育毛をお勧めしています。

必要最低限の適量のグルーで
毛周期に合わせて落ちていったり
ある程度の期間(3週間前後)で自然に落ちていく。
これが私の理想とするところです。
今のところ、毛周期にもよりますが、大体2~3週間で半分は残っています。
毎日コンタクトレンズを入れたり出したりされる方はもう少し短くなります。
持ちはお客様の生活習慣やお手入れによるところも大きいんですよ。
私はかなり持たせますよ~~~。アイリストですからうまいんです!w

施術中に滲みる、とか、涙が出てとまらない、とか
施術後、目が痒い、チクチクする、ゴロゴロする、なんだか目元が気になる、とか
そういったことは無いように施術しています。
もし初めてのまつ毛エクステがそういったもので、
それが普通だと思われている方がいらっしゃったら、
目の健康に良くないので是非お店に連絡してみてくださいね。

目とまつ毛の健康を考え、その範囲で楽しむおしゃれとして
まつ毛エクステンション技術者としてできる限りの努力をしていきたいと思います。
そんなわが道を行く私の元へいらしてくださるお客様には心から感謝しています。
なので最高のサービスでお応えしていきたいと思ってます。
いつも世間話ばかりで感謝の気持ちをお伝えできていないのでw
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://beautyeye.blog119.fc2.com/tb.php/225-a770c043

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。