お知らせ&ニュース

ご予約状況はコチラから!
携帯もOKです!


◇WELLS B.E.の施術写真集◇
まつげエクステンション画像はコチラ⇒
まつげカール画像はコチラ⇒★★

プチリニューアルオープン↓

まつげエクステプロショップ
Luv Lash はこちらから




facebookページはこちら


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


まとめ

■ 2011年度スクール生募集中 ■

本物の技術を本気で身につけたい、
技術は習ったが、施術に不安が残る、
お客様に自信を持ってご説明ができない、
自分の使っている商材の安全な使用方法は?
セカンドスクールを探している、

WELLS B.E.では業界トップクラスの知識と技術をもって
超マニアックに、全力で、指導いたします。
各種出張セミナーも受付中です。 詳しくはお気軽にお問合せください。

0798-66-3900
スクールサイトはコチラ⇒
受講生の声はコチラ⇒part1★★ part2★★
メールでのお問合せ⇒★★★

11月9日アイリスト決起集会@議員会館に集合!
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
業界の事について書くと物議をかもし出しそうであまり好きじゃないのですが
最近もやもやと考えてしまうことも多いので
ちょっとだけ吐き出させてくださいネ!

私が目指しているのは「お客様の利益」を最優先することです。
それがひいてはいつか自分に還ってくる、と信じています。

たとえばお客様のリクエストに無条件に応えることじゃなくて、
まつ毛の状態を説明して納得してもらい、負担のないように施術する、

またあるいは
無駄に終わってしまうかもしれないけれど新商品を購入しては研究する

などなど。


太田先生のブログやMIUさんのブログを読んでほんとに
「アイリストはもっと勉強しなくちゃいけない」って思うんです。


スタンダードが確立されないでいると
永久に個人研究を続けなくてはいけなくなってしまうし、
正直私もしんどいです(笑)。

個人の力で調べられる限界っていうものもあります。
法的に表示義務はありませんって言われたり、
ていよく 企業秘密 って言葉で逃げられてしまうんですから。


業界を盛り上げていくためにまずは
アイリストが一丸となって結束しないといけないと思うんですよね。
反目しあっても何も徳にはなりません。

とはいえ意味を間違えてはいけません。

某巨大SNSでは
施術者が他の施術者に質問しているんですが、
内容が・・・驚くようなことばかり。

まずは自分の先生に尋ねてはどう????って思うんですが、
きっと尋ねられない関係にあるか、
そもそも関係が最初からないんでしょう。

まつ毛エクステにしても、まつげカールにしても、

トラブルがでています。原因がわかりません。なんでしょう?

変なカールになってしまいます、どうしてでしょう?



みたいな・・・汗




はっきりいって、そういう質問に答えることが「結束」ではありません。

アイリストの地位向上と業界の発展のため

そういう方には施術をやめていただきたい。
いい加減なスクールを撲滅していただきたい。
気軽に質問できて気軽に回答するような状況をなくしていただきたい。



一番最後の分に関しては疑問を持つ人もいるかもしれませんが、
ネットで気軽に質問してくる施術者が

いったいどのように施術しているのか、
被施術者のカウンセリングはどうなのか、

そのあたりが不明瞭なままで回答する施術者の方も無責任です。


施術者ではなく、技術者でありたい、と私は思うのです。


施術者とは、ただ、施術を行う者のこと。
技術者とは、プロの施術を行う知識と技術を持ち合わせた者のこと。


岡田先生のパクりですけど~(笑)。


とまぁ、最近もやもやしてしまっていたわけです。
さ、今日も頑張ろう!
スポンサーサイト

コメント

■ 厳しいですが・・・

私のブログはかなり直球です(汗)いつも、物議をかもし出します。それは、私もLukyさんも発言に力があるから仕方がない事だと思います。
ブログ内容・・・本当に同感ですv-222
今のアイリストは
『聞けば教えてくれる。』
教えずに、少し調べるなり、勉強してから
『それでも解らなかったら、もう一度連絡下さい。』
と言うと・・・逆切れされます。
『教えるのが協会の役目でしょ!』とか『偉そうに・・・(涙)』と反発されます。本当に悲しいです。。。
確かに、正しい技術や基本技術を学んで欲しい!と活動はしているけど・・・
『相手側がどの様に技術を行なっているのかも分からずに適当な事は言えません』本当にLukyさんの言う通りです。
アイリストの地位向上と業界の発展のため

そういう方には施術をやめていただきたい。
いい加減なスクールを撲滅していただきたい。
気軽に質問できて気軽に回答するような状況をなくしていただきたい。(努力してほしいですね)
厳しい物の言い方だとは思いますが、私もそう思います。
私もまだまだ勉強する事はありますが、プロである努力を続けて行きたいと思いますv-221

■ コメントありがとうございます~!

MIUさんにコメントもらえるなんて嬉しいです!

私は粗悪なスクール事情をたくさん見聞きしてきただけに、
会ったこともない人の技術レベルがどんななのか、
まったく想像だにできないことがわかるんですよ~。
なのでどこまで理解してるのかわからなくて
返事するのも怖いんですよね。

ましてや私は関西人ですから、関西人感覚じゃない人への説明はもっと気を使いますしね。ネットだと名前も出身もわからない状態で質問してくる人も多数・・・ですし・・・(笑)。

私もまだまだ修行中の身。これからも頑張って行きたいと思います!よろしくお願いします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://beautyeye.blog119.fc2.com/tb.php/286-5a96f860

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。